ブログネタ365

133 知らないと損をする!イレギュラーをお願いする手法

こんにちは!

team octol
セールスライターの
嶋尾佳おり(しまおかおり)です。


team octolの
解決!ブログネタ365
~書けぬなら、書かせてみせようブログ記事~

 

今日は132回目になります。

 

では、まずはこちらの動画をご覧ください。

 

Step4でご紹介した
このは屋さんのテンプレートが
とても好評だったので、
引き続き、テンプレートを使って
タイトルを付けていきます。

 

Step5で私たちからお伝えする内容は・・・
ライター目線の記事に加え
「女性目線」「働くお母さん目線」のものも
お伝えしていきます。

 

今回は・・・
・知らないと損をする(感情表現)
・手法(方法)

この2つの言葉を使って

 

『知らないと損をする!イレギュラーをお願いする手法』

についてお話します。

 

知らないと損をする!イレギュラーをお願いする手法

レストランで注文した料理に
「苦手な食材」が使われていることありますよね?

おいしく、楽しく食事をするためには、
できれば苦手な食材は避けて通りたいところです。

 

「○○が嫌いなので・・・」と言うと角が立ちます。

「○○が苦手なので・・・
xxに替えていただけると助かるのですが・・・」と言ってみると、
ほぼ100%の確率で「代替え案」を言っていただけます。^^

 

そして、苦手な食材を変更していただけた場合は、
「ありがとうございます。助かりました!」
と、気持ちよくお礼を伝えることを
お忘れなく・・・。

 

「助かるのですが・・・」
という魔法の言葉を使って勇気を持ってお願いしてみると
結構すんなり自分の意思が通るものです。

 

私の場合・・・

・コースのメインの食材が苦手だった!
・他のテーブルに運ばれて行ったデザートの果物が苦手なものだった!
・フリードリンクのメニューの中に飲みたいものがなかった!

 

こんな時、勇気を持って自分の意思を伝えたところ・・・
苦手な鴨をポークに変えてもらい、スイカをりんごに変更し、レモン入り炭酸水を飲めた!

という結果となりました。

 

もちろん、変更していただいたものを持って来ていただいた時には
「ありがとうございました。大変助かりました!」
と、お礼の言葉を伝えました。

 

日本人の特性として
「わがままは言ってはいけない!」という思い込みがあります。

ですが、ちょっとした我慢はしなくてもいいのかな、と私は思います。

ビジネスの場でも、こんなこと、ありませんか?
遠慮し過ぎて、損をしてしまうこともあります。

まずは、自分の意思を言いやすい飲食店でイレギュラーなお願いを
してみることをお勧めします。

 

 

▼このは屋さんの参考動画はこちらから!
ブログ記事のタイトルテンプレート48選
https://www.youtube.com/watch?v=gJDPpA_c_4c&feature=youtu.be&mc_cid=b6954c39a1&mc_eid=6d87c9928c

 

では、今日はここまで!

 

最後にこの言葉をあなたに送ります。

解決!ブログネタ365
~書けぬなら、書かせてみせようブログ記事~

 

team octol でした。

 

また、明日!

 

前回の記事はこちら

 

 

team octol 毎日配信podcastはこちらから

購読ボタンを押すと次回から無料で配信されます!

-ブログネタ365

Copyright© team octol , 2020 All Rights Reserved.